2017-01-04

兵頭全郎に、ダイブする。


最新号の『川柳カード』に「〈みせけち〉の主体と〈みせかけ〉の世界」というタイトルの兵頭全郎『n≠0 PROTOTYPE』のレビューを、すごく緊張しつつ、書いています。

どうして緊張したのかといいますと、はじめに連絡を頂いたとき、あ、これたぶん大役なんだろうなって勝手に直観したんですよ。兵頭さんって、わけのわからない句を書く人、って立ち位置じゃないですか。で、この依頼は、そのわけのわからなさの中心へおもいっきりダイブしろ!ってことなんではないかと。つまり見世物度の高い異種格闘技を申し入れられたような気持ちになって、ああ、じぶんなりにその手の良い試合をお見せしなければ、と、まあ、こういった心理的経緯です。

でもね、兵頭さんだってアイドル好きのふつうの人間ですから難解じゃない句もいっぱいある。今回は「中心へダイブ」が目的だったので、そういうのは取り上げなかったものの、たとえば


あやとりを手放すときのつむじ風  兵頭全郎

なんていうのはすごくわかりやすい抒情。この「あやとり」と「手放す」の相性および「あやとり」が「つむじ風」になることの素晴らしさについてはこちらに書きましたので、ぜひご一読を。あとは

流れとはひっきりなしの美少年  兵頭全郎

なんかもかなり好きですねわたしは。この句は「水もしたたるいい男」の形態変換でありますが、もともとの言い回しよりずっといなせで、言葉が立っていて、ほんと気持ちのよい飛躍感。この句集のイチオシかも。