2017-03-23

ペンギン文庫の旅、鳥、そして泣くこと。


http://www.weekendbooks.jp/tenpo/index.html

旅する本屋のペンギン文庫さんから「3月26日(日)の11時〜16時、静岡県沼津市のイベントに参加します!」とご連絡を頂く。会場はweekend booksというこれまた素敵な空間です。

このイベント、他にも小物作家さんやお菓子やさんなども参加するようです(詳細はこちら)。個人的に「むむむ」と思うのは、羊毛フェルトでつくった鳥と多肉植物がじわじわくるtorikomonoこと岩田千種さんの作品。生で見てみたい。


http://weekendboo.exblog.jp/

あ。鳥で思い出した。きのうの日記の「泣く」という表現について。わたしにとって「泣く」は「鳴く」とそんなにかわらない、というか、まるきり一緒だ。

泣くとは世界を発見することのよろこび。悲しいのではなく、じーんとする、ということ。すばらしいことが、こんなにいっぱいあるんだねってこと。ただ自分はどういうわけか人間稼業をしているから「鳴く」とは言わないだけ。きゅーん。


歡びはかなしみよりも深きかとかなしみが問へば歡びは泣く小池純代