2017-04-20

よそのジャンルの歌のこと。


復活祭のバカンス。時間がたっぷりあるので、拳譜を眺めています。

拳譜とはその門派の歴史や伝承、さらには招法(技と戦術)の名称や秘訣などが記された伝書のことで、招法については大雑把にいって2種類の記譜法があるんですね。これ、別の言い方をすると、オモテ用(一般)とウラ用(奥義)ってことなんですけど。

オモテは図による説明。



他方ウラは歌になっています。これだと暗唱に良く、かつ師から口伝を受けていない者にはちんぷんかんぷんです。たとえばブルース・リーの学んだ詠春拳の四言歌訣は、こんな感じ。



ウラは原則として門外不出(というか拳譜自体が元来そういうものなのですが)。ネット時代になっていきなり閲覧・研究の敷居が下がりました。実際に習得するわけでなくても、いろんな流派の歌を知るのはとても面白い。ちょっと俳句の方の参考になったりして。