2017-04-23

緑のある本屋さん(2)



インテリアとしての、ではなく、イキモノとしての植物&本屋さんの話のつづき。

東京は弥生坂にある緑の本棚は「夜景さん、こういう感じお好きなんじゃなくて?」と人から教えてもらった本屋さん。はい、好きです。なかでもここの植物は、ちゃんと販売されているところが画期的。



そうそう、緑の本棚も奥はカフェになっています。つい先日も「ドラゴンフルーツのダイスカットアイスとグラパラリーフのメニューを試作中」なんてツイートがあったりして。こんな場所に足を踏み入れたら鉢を選んだり、サボテンを食べたりするのに忙しくて本を見る暇なんてないのでは?と一瞬思ってしまいますが、緑の本棚には当然ながら植物関係の本が多いので心配は無用みたいです(お財布の中身の心配は、多少、ある)。