2017-05-22

旗をはこぶカモメ



ル・アーヴル市が発行している広報誌。カモメが表紙の号なので、大切にとってあります。

ところでこの絵、何を描いているのかというと、フランス軍の待っているル・アーヴルの丘陵に、母国の旗を死守したベルギー政府が避難しに来るところです。1914年にドイツ軍に占領されたベルギーは、軍隊を母国に残して政府をル・アーヴルに移したんですね。

そういうわけで第一次世界大戦中は、地図のサン=タドレッスと書かれた場所がベルギーの首都でした。散歩に良い、これといって何もない丘です。


♣️ 関連記事 ♣️
浮き橋の向こうには(ニースと戦争)
第一次大戦中のベルギーの葉書(ベルギー政府の避難先サン=タドレスについて)