2018-02-22

オンフルールの一枚



写真の整理をしていたら、オンフルールの町が出てきました。

ここは昔住んでいたル・アーヴルの隣町。市バスで25分くらいの距離でした。この町にいる梨の堕天使(なんのことかわからない方は『フラワーズ・カンフー』の最終章を読んでください)が好きで、また会いにいきたいのですけれど、こういう夢って叶いそうで叶わない。

それにしても、なにがなんだかよくわからない写真ですね。動画をつけます。ラストシーンに映るのが、セーヌの河口にあるル・アーヴルとオンフルールとを結ぶノルマンディー橋です。


『空想家』とはとてもきちんとした良い人たちのこと。
さう言つたのはわたしの大好きな人。海鳥の伯父さんをもつ音楽家だ。
(「オンフルールの海の歌」)