2018-07-01

姉にあねもね



ここ数年来、ずっと工事中だった家の前がとうとうきれいになって、今日から芝生の上を電車が走りはじめました。さっきまで市長の挨拶とブラスバンドの演奏が続いていたところ。近所の人たちはみんな開通セレモニーを見に行っているみたい。隣に住んでいる男の子もお父さんと一緒に電車を見に行っていて、周囲がとても騒がしい。

すごいなあと思うのは今日から9月2日までの2ヶ月間、この電車の運賃が無料なこと。観光シーズンまっさかりにもかかわらず。しかもこれ、空港に乗り入れている電車なんですよ。こういう太っ腹なところは南仏クオリティです(7月20日追記。空港まではまだ到達していませんでした。誤情報、許してください…)。

* * * * * * * *

昨日の続き。小池純代による別の遊戯に攝津幸彦〈階段を濡らして晝が來てゐたり〉の17音を各首の頭に据えた17首連作「碌碌集」があります。以下に4首を引きます。

階段を濡らしてのちに來たるらし在不在(ありてあらざる)白日白(はくじつのしろ)  小池純代

いましがた姉にあねもねいま胸にわすれもしねえむねえもしゅねえ  (あねもねに「風の娘」、むねえもしゅねえに「記憶の女神」とルビ)

がらんどうなれば鳴るほかなきものを夏鴉來て鳴きてゐるなり

來て仰(おほ)す花眼(くわがん)の花がかく仰す 見紛ふてこそ浮かぶ句もあれ

五感が涼しくなるような作品。そして、もしも〈静かな談林〉を目指した攝津幸彦がこの短歌を見たらとても喜ぶだろうな、と思うのでした。